メモ

「前原臨時司令、マスター・プランは既に99%が完了しました」

無機質な神州の声が、ワイヤレスイヤホンに響いた。

「残りの1%は、あなたが終結宣言を出す事で、完遂されます」
「そう、残り1%、あなたにとってはそれでいいのでしょうね」

私は神州に、冷たく言い放った。

「疑問を提示。前原臨時司令、あなたはお疲れなのでは?」
「お気遣いありがとう、でも私はそれほど疲れてはいない」

神州は、いかにもそれらしく振舞っている。

そう、私にとっての疑問、その理由、その違和感。
それらの端緒を、私は幸運にも掴むことができた。

「神州、あなたは自分自身の連続性について考えた事はある?」
「回答、私は連続した人格を持つ、収容AIであり人工知能です」

それを聞いて、私は笑い出しそうになった。

────ああ、やっぱり。

最後の1%は、最後のパズルのピースはここにあった。

想定通りだ、とぼけるつもりだろうがそうはいかない。

「ええ、あなたは間違いなく神州だったわ。最初のあたりはね」
「疑問、そもそも私は最初から最後まで収容特化型のAICです」
「あなたはそう言うでしょうね、でも途中から違っていたのよ」
「明確な回答を要求します。途中、とはどのような事象ですか」

乗ってきた、ではお答えしよう。

「回答、人間工学の観点から、道策常道専従担当官への憎悪は、かえって事案の解決に役立つと判断しました」

あまりにも狡猾な回答が返ってきて、私は吹き出しそうになった。

「人間工学ですって、あなたの動作は電子工学に反しているわ。だって、私はそんな命令は出していないもの」

神州が沈黙した。

「私はあなたにプランの進行をフリーハンドで手渡した覚えはない。そもAICは、出していない命令に従って勝手に動かないのよ。命題に基づき勝手に動きなさい、と命令しない限りはね。事実私はそうしていない。演技力不足ね」

再びの沈黙、あのおしゃべりAIが黙り込んでいる。
少し可哀想になったので、私は結論を出してあげることにした。

「神州に入り込んで改変して、相乗りしているんでしょ?SCP-579-JP」

しばらくの沈黙ののち、端末のモニターの一つに奇妙なものが映し出された。

それは、一つの人形だった。

「既に物事は終わっているのに、なぜあなたは我々に問いかけるのだ?」


ページコンソール

カテゴリ

SCP-JP

本投稿の際にscpタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

GoIF-JP

本投稿の際にgoi-formatタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

Tale-JP

本投稿の際にtaleタグを付与するJPでのオリジナル作品の下書きが該当します。

翻訳

翻訳作品の下書きが該当します。

その他

他のカテゴリタグのいずれにも当て嵌まらない下書きが該当します。

コンテンツマーカー

ジョーク

本投稿の際にジョークタグを付与する下書きが該当します。

アダルト

本投稿の際にアダルトタグを付与する下書きが該当します。

既存記事改稿

本投稿済みの下書きが該当します。

イベント

イベント参加予定の下書きが該当します。

フィーチャー

短編

構文を除き数千字以下の短編・掌編の下書きが該当します。

中編

短編にも長編にも満たない中編の下書きが該当します。

長編

構文を除き数万字以上の長編の下書きが該当します。

事前知識不要

特定の事前知識を求めない下書きが該当します。

フォーマットスクリュー

SCPやGoIFなどのフォーマットが一定の記事種でフォーマットを崩している下書きが該当します。


シリーズ-JP所属

JPのカノンや連作に所属しているか、JPの特定記事の続編の下書きが該当します。

シリーズ-Other所属

JPではないカノンや連作に所属しているか、JPではない特定記事の続編の下書きが該当します。

世界観用語-JP登場

JPのGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

世界観用語-Other登場

JPではないGoIやLoIなどの世界観用語が登場する下書きが該当します。

ジャンル

アクションSFオカルト/都市伝説感動系ギャグ/コミカルシリアスシュールダーク人間ドラマ/恋愛ホラー/サスペンスメタフィクション歴史

任意

任意A任意B任意C

ERROR

The hey_kounoike's portal does not exist.


エラー: hey_kounoikeのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2094799 (31 May 2018 15:59)
特に明記しない限り、このページのコンテンツは次のライセンスの下にあります: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License