Grente2101-SCP「█の形」
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはサイト-81██の人型オブジェクト収容室内で、各要素が毛布の上に置かれた状態で収容されます。
SCP-XXXX-JPには経管栄養によって栄養を補給し、身体は清潔な状態を保ってください。褥創の発生を防ぐため、定期的に各部位の体位交換を行ってください。

説明: SCP-XXXX-JPは分割された以下の要素により構成されています。DNA鑑定の結果、全ての要素は同一存在のものであると判明しています。

ThreadPath

SCP-XXXX-JP-0によるSCP-XXXX-JP-1~10の接続の簡易的な図解。
各体内におけるSCP-XXXX-JP-0の配線は想像を含みます。

  • SCP-XXXX-JP-1: Homo sapiens sapiensの胴体です。
  • SCP-XXXX-JP-2: 同頭部です。髪と瞳の色は黒です。
  • SCP-XXXX-JP-3: 同右上肢です。
  • SCP-XXXX-JP-4: 同右手です。手の甲にいくつかの水疱が見られます。
  • SCP-XXXX-JP-5: 同右下肢です。1cm程度の体毛が多く見られます。また、下腿に約5.3cmの縫合痕が見られます。
  • SCP-XXXX-JP-6: 同右足です。
  • SCP-XXXX-JP-7: 同左下肢です。1cm程度の体毛が多く見られます。また、いくつかの水疱と下腿に約3.6cmの縫合痕が見られます。
  • SCP-XXXX-JP-8: 同左足です。いくつかの水疱が見られます。
  • SCP-XXXX-JP-9: 同左上肢です。肘の内側に約0.8cmの縫合痕が見られます。-5,-7のものとは縫合の仕方に相違が見られます。
  • SCP-XXXX-JP-10: 同左手です。

各要素の人体の断面にあたる部分は皮膚によって覆われています。レントゲン検査の結果では、内部に注目に値する異常性は見受けられていません。
また、各要素は一本の赤色に染められた推定6.5~7.5mの縫合糸(SCP-XXXX-JP-0)によって、上記の順に接続されています。この縫合糸を可能な限り引いた状態にすると、外見上は一般的な成人日本人男性と区別がつかない姿1に集合します。

その外見にも拘らず、オブジェクトの発見から現在に至るまでSCP-XXXX-JPの生命活動は継続しています。SCP-XXXX-JP-2からの栄養摂取のみでもSCP-XXXX-JP全体に栄養が行き渡っていると見られており、その原理は不明です。
SCP-XXXX-JPの脳の一部が損傷しており、その影響で意思の疎通は困難を極めています。財団の医師は、SCP-XXXX-JPが遷延性意識障害に類似した状態であるとの診断を下しました。


画像のライセンス

ソース: 自作
ライセンス: CC BY-SA 3.0

タイトル: ThreadPath
著作権者: Grente2101
公開年: 2020
補足: Wikimedia Commonsの画像を元に加工しています。

ERROR

The Grente2101's portal does not exist.


エラー: Grente2101のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2025093 ( 02 Dec 2019 01:48 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License