Grente2101-2-SCP 隣人の生態

SCP-bug-JP(仮)隣人の生態

アイテム番号: SCP-xxx-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: 仮置き

説明: 人体の各パーツ、衣服に擬態できる昆虫の集団。アジア圏の固有種。見た目が異なるたくさんの種類があるが、遺伝子的には同一。「人間」としての姿は老若男女多種多様で、「人種」はモンゴロイド系のみ。

昼間は集合して一人の人間となり、人間社会に紛れて行動する。集団の時の知能は高いようで、あちこちで広い集めたお金を利用して食べ物を買い食いする事ができる。
夜が近づくと住みかとする森に帰り、夜間は各パーツに分かれて、森に擬態した色になって隠れる。

「性格」は穏和で、争いは避ける。人間に比べて総体重は軽く、力に優れないためである。また、強い外圧やストレスで群れがばらけることがあり、これによる擬態解除を避ける目的もあるとみられる。
この擬態解除は、妖怪ろくろ首やのっぺらぼうの原型になっていたとみられる。

個体群はかなり嗅覚に優れる。煙に対する負の走性をもち、タバコの臭いが強い場の1km以内には基本向かわない。この性質のため、かつては郊外を主な住みかとして都心部にはいなかったが、禁煙の進んだ現在では進出が進んでいるとみられる。

寿命は2-3年で、各個体は人間のように成長するようなことはない。

ERROR

The Grente2101's portal does not exist.


エラー: Grente2101のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:2025093 ( 02 Dec 2019 01:48 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License