1998年日本における新聞業界の概観

記事カテゴリが未定義です。
ページコンソールよりカテゴリを選択してください。

1. 新聞業界の概観

1.1 ヴェール崩壊以降の新聞業界の動向

1998年のヴェール崩壊によって、おおきな躍進を遂げたのが信濃中央新聞と恋昏崎新聞の両紙です。前者は正常性維持機関である財団による事実上の機関誌として注目され、後者はその第一の批判者として購読者を大きく伸ばすことに成功しました。これによって、発行部数の伸張がピークアウトしつつあった旧来の新聞各社は、「ヴェール内部」への取材能力の乏しさから、急激に衰退を始めることになります。

2017年の東京地方現実性崩壊災害(東京事変)によって、旧来の大手紙には壊滅的な打撃が訪れました。日本全国のみならず、日本との経済関係のあるすべての主体が深刻なダメージを負うことになった東京事変災害によって、不動産投資などに経営を頼っていた大手紙は再起不能の状態となりました。

前橋に移転した臨時政府と、その後援者である正常性維持機関は大手紙を中心に救済へ乗り出します。ただ、物理的にも多数の資産や社員を失った各社をそれぞれ再建することは難しく、地方紙を含めた新聞業界の大規模な再編が行われることになりました。

1.2 「2大紙」の比較

経済に関するスタンス
信濃中央新聞 帝都経済新聞
左派。政府による再分配や社会改良を求める立場。いわゆる「大きな政府」を支持。 現状の日本自由党政権による市場原理主義的な政策に対してはきわめて批判的。 右派。経済活動における政府の介入を忌避する立場。いわゆる「小さな政府」を支持。現状の日本自由党政権による新自由主義的政策を歓迎。
正常性維持機関について
信濃中央新聞 帝都経済新聞
親正常性維持機関 親正常性維持機関
AFC移民について
信濃中央新聞 帝都経済新聞
AFC移民に対する差別解消を強く求める立場。不法移民や犯罪を犯したAFC移民に対しても国籍付与を求め、帰化条件の緩和などを唱えている。 AFC移民に対する融和政策に慎重な立場。経済的利益にかなう分には社会統合を図るべきだが、とくに公民権の付与については消極的。

2. 信濃中央新聞

2.1 来歴

2.2 論調

2.2.1 政治分野

2.2.1.1 創刊~2050年代
2.2.1.2 2050年代~

2.2.2 経済分野

2.2.3 社会分野

2.3 評価

3. 帝都経済新聞

会社名 株式会社 帝都経済新聞社
本社所在 上州道 前橋特別行政市 千代田区
従業員数 2501名
資本金 18億円
売上高 1174億円
発行部数 約100万部(一般紙のみ 朝夕刊計)

3.1. 来歴

帝都経済新聞は、日本で発行部数2位1の新聞社です。2017年に起きた東京地方現実性崩壊災害(東京事変)によって壊滅的打撃を受けた複数の在京紙が、正常性維持機関や臨時政府の支援の下に統合されて創刊しました。日経平均を継承し、帝都経済平均株価(TEIKEI 120)を発表しています。

3.2 論調

帝都経済の購読者層は主に経営者や、エリートのホワイトカラーです。基本的に東京事変後の政府与党・日本自由党によるネオ・リベラリズム政策を支持しており、格差の是正や安価な労働力としてのAFCに関しては冷淡です。

経済分野については右派(再分配に否定的)、外交においては中道を標榜しており、社是は「国民経済が復興における最大の後援者たるを期す」

3.2.1 政治分野

3.2.1.1 創刊~2050年代

信濃中央が日本自由党政権に対して批判的であるのに対し、帝都経済はそれほど批判的ではありません。これは両社の政治スタンスの違いによるもので、一般に信濃中央新聞は左派、帝都経済は右派と大別されています。これは後述する経済分野でも同様の傾向があります。

3.2.1.2 2050年代~

約30年間にわたって一党優位の体制にあった自由党の下野など、政治状況が大きく変化した2050年代以降は、2大紙のスタンスも大きな変化がありました。帝都経済は新たな政権与党の社会自由党に対しては、その社会主義的な性格を強く批判しています。対する信濃中央ですが、社会自由党の社会自由主義的な社会政策・経済政策などについては評価する一方、アノマリー・ナショナリズムを掲げ反正常性維持機関政策を行う点については強く批判しています。

3.2.2 経済分野

信濃中央は経済分野については帝都経済ほどの報道能力はなく、大きく譲る点があります。帝都経済が再分配や福祉の拡充に対しては明確に否定的な右派的主張を行うため、信濃中央は相対的に経済左派とみなされています。

3.2.3 社会分野

3.3 評価

経済紙として経団連や資本家層に近く、経済情報に関する報道には一定の評価がついています。しかし財政基盤が信濃中央新聞に比べると見劣りする部分があり、いまだ日本国内では一部の配送を信濃中央に頼っています。

信濃中央と異なり、帝都経済は正常性維持機関による世論工作機関としてみなされていません。しかし政府与党の御用新聞と称されることは多く、間接的に正常性維持機関の影響下にあることは周知の事実です。

信濃中央は財団の世論操作部門から名目上は独立したとされていますが、彼らは実質的な影響力を失ったわけではなく、その記事の内容には正常性維持機関の意向が大きく反映されています。帝都経済は中央新都心の意向を受けているとされており、その背後に控える正常性維持機関もまた、影響力を発揮していると考えられています。

2大紙はともに正常性維持機関の影響下にあるにもかかわらず全く異なるイデオロギーに基づいた報道を行っており、これは左右両派への世論操作能力を維持することが目的であるとされています。

ERROR

The seafield13's portal does not exist.


エラー: seafield13のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:1988496 ( 25 May 2018 06:21 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License