11月26日の記事
rating: 0+x
blank.png

帝経平均 15,442.40 ▲+568.38 / NYダウ 22,538.04 ▲+506.67 / ドル円 296.60-72 ▲+0.42 円安 / 長期金利 0.0015 ▼-0.001帝経平均 15,436.12 ▲+562.10 / NYダウ 22,536.82 ▲+505.45 / ドル円 296.68-80 ▲+0.50 円安 / 長期金利 0.0015 ▼-0.001帝経平均 15,444.65 ▲+570.63 / NYダウ 22,539.59 ▲+508.22 / ドル円 297.22-34 ▲+1.04 円安 / 長期金利 0.0025 0帝経平均 15,445.96 ▲+571.94 / NYダウ 22,538.62 ▲+507.25 / ドル円 295.64-76 ▼-0.54 円安 / 長期金利 0.0005 ▼-0.002帝経平均 15,446.65 ▲+572.63 / NYダウ 22,539.12 ▲+507.75 / ドル円 295.82-94 ▼-0.36 円安 / 長期金利 0.0025 0

11月26日の記事

「社会」の記事 2030年11月26日

AFCマフィアによる犯罪、3年で倍増

11月26日
法務省は25日、昨年の犯罪件数や傾向をまとめた2029年版犯罪白書を公表した。同白書によると、2029年の1年間における動物性特徴保持者(AFC)による組織犯罪の検挙件数は前年比24%増の28,525件、検挙人数は前年比39%増の45,787人でいずれも統計開始以降最多となった。

検挙件数は2027年からの3年で倍以上に急増しており、地方公共団体主体の浄化作戦は成果が上がっていないことが明らかとなった格好だ。

額田内務大臣は閣議後の会見で、「警察を上げて組織犯罪対策に全力を注ぐ」と対策を進める考えを示した。

tokyo_circle.jpg

解説: 社会のひずみが生み出したAFCマフィア 政府は対策に躍起

11月26日
2020年に発生した東京地方広域現実性崩壊災害(東京事変)から10年──復興を最優先にしてきた日本社会の生み出したひずみが、いま臨界点を迎えている。先日法務省から発表された犯罪白書によれば、2027年からの3年で動物性特徴保持者による組織犯罪の検挙件数が倍以上に急増しているという。従来の暴力団等も近年の治安情勢の悪化に伴って活動を活発化させているが、中でも著しい増加を見せたのが、動物性特徴保持者を中心とした「AFCマフィア」による犯罪だ。

AFCマフィアと呼ばれる新たな犯罪組織が社会的に認知されたのは、2027年に摘発されたエスパノル・ヌートリア系移民のマフィア、「ガブリエル・ファミリー」による人身売買事件からだ。ガブリエル・ファミリーはヒトの子供を欲しがる遺伝性異常疾患の罹患者家族などを相手に、世界各地で買い取った乳幼児を売却していた。日本国内に限っても、東京事変直後の深刻な経済危機下で人身売買の犠牲となった乳幼児は1000人にのぼるともいわれており、社会に大きな衝撃を与えた。

かつてAFCによる暴力団等の構成員の多くは日本国内で差別等を受け、正常な社会生活を送れなくなった日本人AFCとされていたが、近年では異なる傾向が出てきている。現在のAFCマフィアは、旧来のように日本国籍を持つAFCよりも、外国籍を持つAFCが大半を占めるケースが増えている。

ガブリエル・ファミリーが日本国内で活動を開始した2023年は、政府が入管法改正によって海外労働力の大規模な受け入れを開始した時期と重なる。当時、新たに設けられた在留資格である「経済的困難移住者資格」には多くのエスパノル・ヌートリアが殺到し、母国の深刻な失業率にあえぐ移民が日本に活路を見出そうとした。

こうした移民たちは日本においても経済的困窮から逃れることはできず、多くの移民が単純労働者として産業に従事している。現実性崩壊区域の周縁部に形成された「トウキョウ・サークル」と呼ばれるスラム街は、移民たちの街として、いまなお巨大化の一途をたどっている。大半が日雇い労働者である彼らの立場は弱く、貧弱な地域医療に起因する疾病や怪我から瞬く間に失業し、生活のため犯罪に手を染める──という例が後を絶たないという。地域別で見ても組織犯罪の増加は全国規模でみられるが、中でも飛びぬけて件数が増加したのはこのトウキョウ・サークルの周辺地域だった。

AFCマフィアは、こうした行き場のない移民たちの受け皿となっている。住居を追われた者に寝床を与え、違法ながら仕事もあり、食事も支給される。すべてをなげうって日本へやってきた移民にとって、彼らマフィアは本来行政が担うべきセーフティネットそのものとなっている。

「トウキョウ・サークル」内に複数存在するマフィアはそれぞれに縄張りを持ち、ヒト型住民との間で抗争も起きているという。AFCマフィアの中には、日本で従来より活動している暴力団と関係を持つグループもあり、その内情は複雑怪奇だ。近年では州知事の命令を受けた国家憲兵隊による浄化作戦が展開され始めているものの、移民の流入とスラム街の拡大は止まらず、効果を上げているとは言い難い。

政府もただ座視していたわけではない。乘川内閣は昨年の法改正で「経済的困難移住者資格」の要件を厳格化し、単純労働技能しか持たない移民の流入に歯止めをかけようと試みた。しかし、労働力の多くを移民に頼る建設業界などから強硬な反発が起き、実効的な改革は進んでいないのが現状だ。また、犯罪歴を持つ移民や在留資格に漏れた移民の家族などを手引きするブローカーなども現れ、入国管理当局は頭を悩ませている。

内務省筋によれば、来年以降、公安警察全体をフル稼働させたAFCマフィア対策が始まるという。内務省公安局では昨年来より、国内における対日有害活動を取り締まる公安第一課の組織改編を進めており、同課にAFCマフィア等の対策に当たる係を新設する考えだ。国家憲兵庁とも連携し、AFCマフィアに代表されるトウキョウ・サークル内の反社会的勢力の排除をねらう。

推定人口は数十万から百万人とも言われる「トウキョウ・サークル」の治安回復に向けて、政府・内務省の動向に注目が集まっている。

覚せい剤30キロ押収 旧東京

11月26日
中央衛生局麻薬取締部は26日午前、現実崩壊区域周縁「トウキョウ・サークル」内の住宅から30キロの覚せい剤を押収したと発表した。末端価格で約10億5000万円相当。

同部によれば、覚せい剤が保管されていた住宅は「トウキョウ・サークル」を根拠地とするマフィアのひとつ、「クラネオ・ファミリー」のアジトと見られる。

倉田仁宮部長は会見で、同組織幹部を近日中に麻薬等対策特別措置法違反で逮捕することを明らかにした。

前橋女児暴行殺人 主犯格の男に死刑求刑 検察

11月26日
前橋市内の住宅で2028年9月、当時6歳の本田憐恋ちゃんが集団で暴行を加えられ、殺害された事件で、強盗・強制性交等殺人などの罪に問われたサバス・マデラ・ルハン被告(31)の裁判員裁判の論告求刑公判が25日、中央地裁(庵原諷詠裁判長)であり、検察側は「幼児に対する残虐無比で情状酌量の余地のない犯行だ」として、死刑を求刑した。

ルハン被告は同事件の主犯格とみられ、被告の友人ら6人で本田憐恋ちゃんの当時居住していた住宅に押し入り、暴行を加え、最終的に殺害することを主導した疑い。同被告は取調べから公判まで一貫して黙秘を貫いており、スペイン語通訳に対しても一言も発していない。

事件時の責任能力が最大の争点。検察側は論告で、被告の主治医による精神障害の鑑定書は「事件前後の行動を記録した映像から」信用できないとし、「明らかに理性をもって行動している」と主張。

弁護側は、被告は「当時失職したうえ、AFCとして差別にさらされ、家族とも離散し精神的に追い詰められていた」と反論。責任能力は認定できないと訴えた。

同被告に対しては、スペイン政府から身柄の引き渡しが要請されているが、日本政府は拒否している。

国家憲兵隊員2人の軍葬 テロリストとの銃撃戦で殉職 前橋

11月26日
前橋市で10月にテロ組織「日本民主主義戦線」との戦闘で殉職した国家憲兵隊所属、古居平雲少佐(当時32歳)=2階級特進=と、幸田謙曹長(当時28歳)=2階級特進=の軍葬が25日、市内の憲兵大学校で営まれた。

葬儀には遺族のほか、西塔醴泉前橋市長、栄藤清計首都憲兵司令官ら約150人が参列。西塔市長は「身を挺して首都の住民を守られ、その職務を全うされた」と故人の功績をたたえ、冥福を祈った。

栄藤司令官は「殉職された二人のためにも、テロとの戦いに必ず勝利することを誓う」と決意を示した。

夏鳥デモに極左が乱入・乱闘 20人がけが 高崎

11月26日
25日夕方、高崎駅前で移民排斥を掲げる夏鳥団体によるデモが行われていたところ、AFCの権利向上を掲げる左翼団体とみられる男10数名が乱入。現場は一時混乱し、けが人が20名出た。警視庁新高崎署によると、双方の団体の男ら15人が逮捕された。

逮捕されたのは、デモを主催した夏鳥団体「日本を亜人種から守る会」会長で自称会社経営の、神田仁慈容疑者(59)ら8人と、極左団体「全日本汎人類共同戦線首都委員会」の自称会社員、古屋常平容疑者(37)ら7人。

15人の逮捕容疑は25日午後、互いのグループのメンバーに対して殴る蹴るの暴行を加えた疑い。

移民向け日本文化学習施設 3年で50か所開設へ

11月26日
政府・移民社会統合推進本部は、移民の日本文化学習を目的とした「日本文化コミュニケーション・センター」を26日開設する。前橋市の移民人口が多い地区の小学校に併設し、移民者家族全体の日本語学習や文化交流につなげることをねらう。現在は前橋市内に5ヶ所のみだが、3年間で全国に50ヶ所を開設する計画。

「日本文化コミュニケーション・センター事務局」の井下田正円事務局長は、「民間主導の語学訓練や職業訓練では拾いきれない部分を補完し、地域社会に居場所を作る一助になれば」と話す。これまでの移民向け学習施設は民間企業によって運営されるものが主だったが、業績不振による撤退などにより空白地帯が生まれていた。

同センターの開設は、神保首相肝煎りの政策のひとつだ。経済移民の受け入れ開始以来、悪化の一途をたどる治安情勢の改善に向けて、2030年度は1000億円規模の予算を計上している。政府高官は「ハード(警察力)の対応と、とソフト(文化統合)の対応、あらゆる対応を使い分ける」と語る。

一方、企業都市自治連合はこの動きに警戒感を示す。「政府による参入が加速すると、これまでの職業訓練市場で行われてきた競争に悪影響がある」(企自連幹部)。移民社会統合推進本部の計画では企業都市域内への進出予定は存在しないが、今後もその姿勢が維持されるかは不透明だ。


ERROR

The seafield13's portal does not exist.


エラー: seafield13のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:1988496 ( 25 May 2018 06:21 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License