boatOB-2--e31f
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-2706-JP

オブジェクトクラス: Safe/Euclid/Keter (適切なクラスを選んでください)

特別収容プロトコル: [SCPオブジェクトの管理方法に関する記述]

説明: SCP-2706-JPは、観測される上ではイエイヌの一種であると目される1体の実体です。対象はその異常性ゆえに詳細な外見の調査を不可能にしていますが、SCP-2706-JP頸部に装着された首輪のみはその異常性の影響を受けず、一般的なペット用のそれと同一の存在です。首輪裏には「如来観光 プログラム部」の印字が施されています。こちらの存在並びに「如来観光」なる組織に関して、財団は調査を続けています。

SCP-2706-JPの姿は、周囲からの光源の影響を受けず、また吸収するようにも見えます。対象は大まかにイエイヌのそれと目される形に自身を形成するようです。この異常性から、対象の姿は日中に最もはっきりとした姿で確認されます。また、SCP-2706-JP実体は外部からの物理的な干渉の影響を受けず、後述するさらなる異常性へのアクセスにつながります。唯一その頸部の首輪を通してのみ、SCP-2706-JP実体への物理的干渉が可能です。

SCP-2706-JP実体への物理的接触は、そのままSCP-2706-JP-Aと称される空間へのアクセスにつながります。実験の結果から、SCP-2706-JP自身の側からの接触・スキンシップ等ではこの異常性は発現せず、外部からSCP-2706-JPに触れようとする行為に対してのみ発生するようです。SCP-2706-JPはこの反応を制御できていないようであり、十分に信頼関係を結んだ職員による接触実験についても、職員はSCP-2706-JPに触れることはできず、単純にSCP-2706-JP-A空間へと両腕が突き抜けるという結果に終わりました。

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]

ERROR

The boatOB's portal does not exist.


エラー: boatOBのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:1929889 ( 02 Jun 2019 07:55 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License