ガイドラインに関する提案と要望

ガイドラインについて提案と要望があります。SCP公式への新規参加者の負担を減らし、同時に最優先で記憶すべき事項をできるだけ効果的に覚えてもらうための提案です。
内容は以下の通りです。

現在のガイドハブでは「サイトルール」「トップリーディング」など、重要なガイドが多く掲載されていますが、同時に記事のテンプレートや執筆のTipsなど「有用だが極めて重要ではないガイド」も同じページに並べられています。「SCP財団参加の手引き」ではガイドハブにリンクされているページを一通り読むよう言われていますが、初めて当サイトに参加される方が、これほど多くのガイドを読んですべて覚えておくことなどできるか、個人的には疑問を感じます。

そこで、提案として
「全メンバーが必ず読まなければならないもの」
「共著、合作など、ある特別な活動をするメンバーが必ず読まなければならないもの」
「有用ではあるが今すぐに読む必要のないもの」
をより細かく切り分けて、その優先順位を明確に、かつわかりやすくして新規参加者に提示するのはいかがでしょうか。

たとえば
全メンバーが必ず読まなければならないもの:
サイトルール
「スタッフ一覧」と「FAQ」を除くトップリーディング
SCP投稿ガイド
サンドボックス3利用ガイド
画像利用規定
タグガイド
削除のガイドライン
SCP財団参加の手引き

共著、合作など、ある特別な活動をするメンバーが必ず読まなければならないもの:
著者ページのガイドライン
合作記事のガイドライン
合作剪定ガイド
共著と改稿のガイドライン

有用ではあるが今すぐに読む必要のないもの:
その他

といった具合です。執筆する人にとっての必読と批評・評価のみをする人にとっての必読を分けるとより親切でしょう。実際の分類はスタッフの方の方が適切に行えるとは思います。

ここで大事なのは今すぐ読まなくてもいいガイドをはっきりと示すことだと考えます。「メンバーとしてガイドハブに載っているものはすべて熟読すべき」という意見も重々理解できますが、だからといってすべてのガイドを読み込むことを強制、あるいは強く推奨することは、「全メンバーが必ず読まなければならないもの」の相対的な重要度を下げることにも繋がります。これはガイドの真に重要な内容についての記憶を希薄にしてしまう要因のひとつになっているのではないでしょうか。

同様の理由で、重要事項について語るガイドに、内容に軽いジョークやユーモア、Tipsなどを盛り込むこともやめた方がいいと考えます。たとえば「初めての方へ」などには「私たちの栄光ある大地」「ちょっと待って!あったよステップ2!」などの砕けた表現や、「合衆国の理念にとってのホッブス、哲学におけるカント、財団にとってのウィートン…」などの雑学を織り交ぜた語り口があります。これらは確かに財団らしくお洒落ですが、本質的に今すぐ伝えるべき情報ではありません。
このような「この書き方からして、ここは真剣に読まなくてもいい箇所なのか?」「これは頭の片隅に留めておく程度でいいのではないか?」「本当にこれは今すぐ知らなきゃいけないことのか?」と新規参加者に疑問を感じさせうる部分は極力削除するか、もしくは別のページで述べた方が良いのではないでしょうか。

ざっくりまとめると

  1. ガイドハブ内のガイドラインの優先順位をより明確にし、今すぐ読まなくてもいいものを明記する
  2. 重要事項を述べるページでは「本当に重要なこと」以外の事柄を極力扱わない

という提案です。サイトスタッフの皆様におかれましては、是非このことについてご一考下さい。

ERROR

The Porsche466's portal does not exist.


エラー: Porsche466のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:1875450 ( 29 Feb 2020 14:18 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License