アナフィラキシー男女同権
rating: 0+x

アイテム番号: SCP-XXXX-JP

オブジェクトクラス: Euclid

特別収容プロトコル: SCP-XXXX-JPはサイト-8159の敷地内にて野外飼育されています。給餌等の人間の手を介した管理は必要ありません。

4月から6月にかけてはSCP-XXXX-JPの女王蜂の動向を観測する必要があります。当該サイト外にできた巣は速やかに排除し、サイト内のコロニー数は3個から5個に維持されるべきです。

SCP-XXXX-JPの管理に携わる職員は月に一度の定期的な心理診断が行われます。心理診断にて陽性と判断された場合、当該職員にはAクラス記憶処置が施されます。

説明: SCP-XXXX-JPは外見、生態共にVespa mandarinia(オオスズメバチ)に近似しているスズメバチ属の昆虫です。SCP-XXXX-JPは他のスズメバチ属の昆虫と比べて環境の変化に強い耐性を持ちますが、常識的範疇に留まります。

SCP-XXXX-JPが持つ毒針は一般的なスズメバチ属のそれより非常に細く、頑丈です。これにより、視覚的に認識しない限りはSCP-XXXX-JPに刺された動物は自身が刺されたことに気がつきません。

SCP-XXXX-JPが毒として生成するアミノ化合物はアピトキシン等のいわゆる蜂毒とは大きく異なります。痛みや腫れ等の一般的な蜂毒に見られる症状はSCP-XXXX-JP

補遺: [SCPオブジェクトに関する補足情報]

ERROR

The unmaasan's portal does not exist.


エラー: unmaasanのportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:1840426 ( 14 Feb 2020 21:03 )
layoutsupporter.png
Unless otherwise stated, the content of this page is licensed under Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License