1033869 1

このページの批評は終了しました。

評価: 0+x

以下の文章は田中先生が以前住んでいたアパートから見つかった日記の抜粋です。1

20██/█/█

大学を卒業して、勤務する学校が決まって、やっと教師になるんだなぁって実感が沸いた。明日は着任式があるって思うと緊張と不安で寝れなくなっちゃったから、何で先生になりたくなったのかをここに書きたいと思う。これは日記だから私以外読まないだろうけどね。
何から書けば良いんだろ、でもまずはこれからかなぁ?
私は中学生の時にいじめられていました。今でも思い出すと涙が出ちゃうのでここには書きませんが、その時にとある先生に出会ったの。その先生はいじめられていた私を助けてくれました。その時思いました。私も誰かがいじめられてる時に自分から手を差し伸べられる先生になりたいなって。先生みたいに皆から愛されて、皆を愛せるクラスを作りたいなって。卒業式の日に私を助けてくれた先生みたいに皆が涙を流して、クラスの歌を歌ってくれる。そんな先生になりたいなって思ったの。それが先生を目指した理由。
書いてたら眠たくなってきたのでそろそろ寝よっかな。明日着任式で会える子達が良い子達だと良いなぁ。

20██/█/██

今日の着任式で私が担当する生徒達と出会った。皆優しそうで今から1年間あの子達と一緒に過ごせると思うととても楽しみだなぁ。

20██/█/██

今日はクラスの皆に将来の夢について作文を書いてもらった。提出された作文はとても上手で、正直同時期の私より上手だと思う。だけどもっと上手くなって欲しかったから沢山添削してしまった。私が皆に出来る事はこれくらいしか無いから。

20██/█/██

今日は私の誕生日。大学に入ってからは家族位しか祝ってくれる人は居なかったけど、今日はクラスの子が1人、私に「誕生日おめでとう」って言ってくれた。その場で泣いてしまいそうな程嬉しかった。これだけでも先生になった価値はあると思う。来年も祝ってくれる子が居ると良いな。

20██/█/██

今日は皆と合唱コンクールの練習をした。もう1週間毎日皆の合唱を聞いてるけどどんどん上手になっていってる。もっと練習すればもっと上手くなると思う。皆が合唱コンクールで優勝出来るように私ももっと頑張らないと。

20██/█/█

今日は合唱コンクールがあった。皆はとっても上手だったけど惜しくも準優勝だった。でもコンクールでの皆の合唱は私が今迄聞いてきた中で1番上手だったと思う。来年も皆の担任になることが出来たら、次こそ優勝出来るように皆と頑張りたいなぁ。

20██/█/█

合唱コンクールが終わってから私に対する皆の態度が変わった様に思う。前はもっと皆と気軽に話せたのに、最近は避けられている様に感じる。皆に前みたいに気軽に話し掛けて貰えるように私からも皆にもっと話しかけていくことにしよう。

20██/██/█

今日はクラスの皆の雰囲気がどこかおかしかった。皆が私の方を見てる。まるで昔のいじめられてた時みたいに、多分思い過ごしだと思う、だって皆にいじめられるなんて考えたくもないから。

20██/██/█

やっぱり私は何処に行ってもいじめられてしまうのだろうか?今日はトイレに入っていたら水をかけられた。まるで昔みたいに、私はあの先生の様には出来なかった。

20██/██/██

クラスの皆は私をいじめてとても嬉しそうに笑う。それを見て周りの先生も同じ様に笑う。まるで中学生の時みたいに、でも中学生の時とは違って助けてくれる先生は居ない。私に出来ることは、作り笑いを浮かべてそれを我慢することだけで、それは昔と何にも変わってない。でも、私にはそれしか出来ない。私は皆にどれだけ酷いいじめをされても、皆の事を嫌いになることが出来ない。私がこの事を他の人に言ってしまえばクラスの皆が不幸になってしまう。だから私は皆を守るために皆からどんないじめをされても絶対に我慢して見せる。

20██/█/█

私、何か悪いことでもした?

20██/█/█

もう、嫌だ

20██/█/█

皆が嫌いな事は直すから、だからいじめないで。

20██/█/██

止めて。私をいじめないで。

20██/█/█

私の何が悪かったの?教えてくれたら直すから。

20██/█/██

誰か助けて。

20██/█/██

何でこうなったのかな。

20██/█/██

皆から逃げたい。

20██/█/██

もう、限界だ。

20██/█/██

お母さん、お父さんこんな親不孝な娘でごめんなさい。今迄育ててくれてありがとうございました。2人の娘で幸せでした。

20██/█/██

副担任の██先生、私が死んだ後のクラスの皆の事は任せます。全部押し付けてしまってごめんなさい。

20██/█/██

██学校の先生方、この1年間皆さんと共にクラスの子を教えることが出来てとても幸せでした。私が死んだ後、副担任の██先生を支えてあげてください。

20██/█/██

明日は皆とお別れする日。その決心がやっとがついた。皆には色々されたけど、やっぱり皆を恨む事なんて私には出来ない。何故私がいじめられたのか今でもよく分からないけど、でも私が原因だと思う。あの先生みたいに皆から好かれる先生になるなんて事、私に出来るはずが無かったよね。でも、私もあの先生みたいな関係にあの子達となりたかったな。

この日記の最後のページは破り取られており、SCP-1045-JPの追記3の紙に使用された事が判明しています。


ERROR

The 1033869's portal does not exist.


エラー: 1033869のportalページが存在しません。利用ガイドを参照し、portalページを作成してください。


利用ガイド

  1. portal:1033869 ( 05 Jun 2018 00:50 )
特に指定がない限り、このサイトのコンテンツには次のライセンスが適用されます: Creative Commons Attribution-ShareAlike 3.0 License